クリニックの種類

刺青除去したいと思い、クリニックなどを探す時に、ひとつ気になるのが名称ではないでしょうか?○○美容整形、○○美容外科、○○形成美容外科など、様々な呼称が使われていますよね。「美容整形(美容外科) 」などと書いている場合もあります。呼び方によって、何か違いはあるのでしょうか?刺青除去をするなら、こういう名称のところがいい…などという目安はあるのでしょうか?
日本における美容外科の歴史は古く、以前は「美容整形」と呼ばれていましたが、正式な診療分野としては確立されていませんでした。1978年になって、「美容外科」という標榜科(外部に広告できる診療科名)が正式に法律で認められました。今でも「美容整形」という名称が使われることがありますが、これは昔からの名残りです。他にも美容外科の呼称として、整容外科、形成美容外科、美容整形外科などが使われることがありますが、これらも法律的には根拠のない俗称です。
美容外科は、「より美しくなりたい」とか「若く見せたい」などの希望に応える分野であり、医療を目的とした形成外科などとは目的が異なります。そのため、健康保険は適応されません。美容外科は自由診療であり、治療費もすべて自己負担することになっています。もちろん、各病院やクリニックも料金を自由に設定できます。
なお、最近では、大学病院や総合病院でも美容外科を設けるところが出てくるようになりました。また、総合病院などの皮膚科でも刺青除去は行っており、大きな病院ではレーザーもやっているようです。この場合も医療ではないので、保険は適用されません。